トメ先生のライディングアカデミー(フラットダート編)

こんにちは、カメ吉です。

先週日曜日は今年最初のトメアカデミー(トメ先生のライディングアカデミー)を開催しました

今回のトメアカデミーはフラットダート編!
参加してくれたのは普段は大型のロードバイクに乗る皆さん

サーキットを走る人、ツーリングする人、通勤で乗る人など楽しみ方はいろいろですが
高性能なスポーツバイクを安全に楽しむために
ベーシックなテクニックを皆さんのペースでもう一度
・・・って事で、教習所では決して教えてくれないスポーツバイクのベーシックなテクニックを学び
ハイスピードでもコントロールできるライダーになってもらおうと
元AMAダートトラッカーの平尾雄彦選手とコラボ

フラットダートが初めてでも、バイクのレンタル、貸し切りコースでの練習
そして、会場まで送迎付きの楽々ツアーが実現しました

移動のバスの中では先生たちとおしゃべり
20170219110019140.jpg
遠足気分を楽しんでる間に会場のウッズモーターランド下市へ到着

まずはコースを軽くランニングと
DSCN1199 17-2
しっかりストレッチして
DSCN1201 17-2
体のウォームアップ完了

お次はバイクにまたがって基本のフォーム
DSCN1217 17-2
ほとんどの生徒さんは初めてのフラットダート体験
DSCN1245 17-2
いつものバイクと違うライディングポジションに戸惑う生徒さん1人1人に先生が指導

そしていよいよ初のフラットトラックを走ります
DSCN1247 17-2
トメ先生の先導でウォームアップ走行
慣れない土を上をロード用リアタイヤのバイクで走るなんてちょっとおっかなビックリだけど
まずは基本のフォームを体に覚えさせます

トメ先生がウォームアップしている間
こちらでは雄彦先生が残りの生徒さんたちにレクチャー
DSCN1252 17-2
見ている間も学ぶ事はたくさんあります

ウォームアップで土の上に慣れたら次の課題「ターン」の練習
トメ先生のお手本を見て
DSCN1269 17-2
練習
DSCN1267 17-2

生徒さんたちの走りを見ながらフォームを直したり
DSCN1280 17-2
途中で呼び止めて教えたり
DSCN1288 17-2

一方、雄彦先生もコースの外でさらにレクチャー
DSCN1273 17-2
ムダな時間はいっさいありません

こうして2人の先生に順番に教えてもらい
ターンが出来るようになった頃
DSCN1293 17-2
お昼休憩のお時間になりました

この日は他のイベントも開催していたためPizzaFreeさんが出店
焼き立てピザとお土産にいただいたお菓子で充実したお昼になりそう
DSCN1353 17-2

みんなでテーブルを囲む楽しいランチタイムをハイチーズ
DSCN1363 17-2
軽トラでコース整備中の雄彦先生もこっちを向いて

そしてコース整備が終わった雄彦先生は
世界で活躍するライダーの写真を見せてダートトラックの魅力をアピール
DSCN1366 17-2
DSCN1373 17-2
バナナ片手に熱く語ります!

午後からは本格的にトラック走行
まずは小さめのショートトラックを練習
DSCN1428 17-2
午前中に学んだフォームを思い出して走ります

トメ先生も一緒に走りながらチェック
DSCN1479 17-2
そして気になったらすぐにコース脇で個人指導
DSCN1498 17-2
その繰り返しで皆さんイイ感じになってきました
DSCN1449 17-2
DSCN1476 17-2

トラック走行に慣れてきたら
次はちょっとストレートが長いトラックに挑戦

ストレートが長いって事はスピードも上がるので
まずはトラックを歩いてバイクを寝かしていくタイミングや
アクセルを開けるタイミングを雄彦先生に教えてもらいます
DSCN1509 17-2
DSCN1510 17-2
DSCN1515 17-2
こうして歩くと思ってた以上にコース幅が広い事がわかり
コーナーへの恐怖心が軽減され
思い切ってトライ出来そうな気になります

さらにトメ先生にはお手本のコーナリングを見せてもらいます
DSCN1559 17-2
かなりバイクを寝かせ、リヤを滑らし、ギリギリの走りのように見えるけど
DSCN1554 17-2
走りながら「こんな感じね」と、生徒さんたちの方を見る余裕ありありなんです
DSCN1541 17-2

その後は夕方まで練習
DSCN1589 17-2
DSCN1596 17-2
午前中は滑るタイヤにおっかなビックリだった生徒さんもかなり上達しました

そろそろ日が暮れてきたなぁ・・・と思ってたら
いつの間にやらトメ先生と雄彦先生のハンドルバー擦り対決が始まった!?
DSCN1611 17-2
みんなトラックの内側からハンドルバーが地面に擦る事ができるのかを見守る

おぉっ! トメ先生かなり寝ているけどハンドルは擦っているかな?
DSCN1615 17-2
こっちからだと擦ってるように見えるけど・・・
DSCN1615 (2) 17-2
「どう?」
DSCN1617 17-2
「惜しい!」 あと少しだったみたい

そして雄彦先生は・・・
DSCN1627 17-2
DSCN1628 17-2
あ~ぁ、あとちょっと! ブーツのソール分くらいやーん

でも二人ともすごいのは
あんなにバイクが寝てるのにコケてない!
DSCN1630 17-2
それはただハンドルを擦るだけのハデなパフォーマンスじゃなくて
ちゃんとバイクをコントロールしてるから

フラットダートがロードのライダーたちのトレーニングに良い
って事はチャンピオン・トメ先生やマルケスが証明済み

もちろん、すぐにトメ先生のようにはなれないけれど
練習を重ねるごとに上達するはず
DSC_0273 17-2
今回参加してくれた皆さんもこの続きはぜひ平尾雄彦選手のフラットトラックスクール
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

カメ吉

Author:カメ吉
南大阪の松原市にお店を構えて
46年のホンダビジネス大阪
このお店のペット・ミドリ亀のカメ吉が
お店の出来事、日常のアレコレを
報告します!

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
H&Bイベント情報
インフォメーション
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSリンクの表示
QRコード
QR
最新トラックバック
検索フォーム