2017年モデル『CRF450R/RX』発表

こんにちは、カメ吉です。

Hondaの米国現地法人であるアメリカン・ホンダモーターが
昨日、モトクロス競技専用車『CRF450R』のフルモデルチェンジと
このCRF450Rをベースに新開発したエンデューロモデル『CRF450RX』を発表
http://www.honda.co.jp/news/2016/2160811.html

CRF450R 2017年型モデルの主な特長
1470898866481.jpg
●エンジン
Honda独創のメカニズムで、実績のあるユニカムバルブトレインを採用した水冷・4ストローク・4バルブエンジンを新設計し
充填効率と燃焼効率を高めることで、トルクと出力の向上を実現

●車体・足回り
新設計のフレームは、ディメンションを一新し、フロントアップを抑えてリアの分担荷重を増やすことで
トラクション性能の向上を実現。
車体はホイールベースのショート化を図り、コンパクトな設計
足回りには、フロントサスペンションにバージョンアップしたSHOWA製のコイルスプリングを採用
リアサスペンションは搭載位置を低くし、センターにレイアウトすることで、走行時の安定感を向上

●スタイリング
トータルパフォーマンスを向上させたマシンにふさわしい、シャープで無駄のないスタイリッシュな外観
また、ライディング時によりスムーズな動きができるよう、各部の凹凸をより低減したスムーズ・サーフェスデザインとしています
なお、グラフィックデカールは摩擦や高圧洗車による剥がれを防ぐ、インサートフィルムグラフィックを新たに採用
車体色には、Hondaモトクロスマシン伝統のエクストリームレッドを採用し、一目でHondaのモトクロスマシンと分かる存在感のあるスタイリング

●その他の装備
新開発のセルモーターとバッテリーをオプション設定し、始動時の扱いやすさの向上を実現

CRF450RX 2017年型モデルの主な特長
1470898866666.jpg

多岐に渡る条件でのオフロード走行を想定し、CRF450Rをベースに装備や各部のセッティングを変更しました
・セルモーターと付随するバッテリーを装備
・フューエルタンクは、8.5L容量の樹脂製を採用
・サイドスタンドを装備
・タイヤは、フロントに21インチを、リアには18インチのダンロップ製を採用
・フロントとリアサスペンションのセッティングを最適化
・イグニッションタイミング(モード設定)の変更
・エンジンハンガーの剛性を変更

尚、このCRF450R/RXは2016年内の日本国内発売を計画中

「よーし、来シーズンのハッピーファンはCRF450RXで!」と思った方は
国内発売の発表をお楽しみに!
そしてご購入の際はハッピーファンエンデューロレースに3回無料ご招待の年間パスプレゼントなど
楽しくてお得な特典満載のH&Bでヨロピクね
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

カメ吉

Author:カメ吉
南大阪の松原市にお店を構えて
46年のホンダビジネス大阪
このお店のペット・ミドリ亀のカメ吉が
お店の出来事、日常のアレコレを
報告します!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
H&Bイベント情報
インフォメーション
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSリンクの表示
QRコード
QR
最新トラックバック
検索フォーム